ヤーマンキャビスパ360とキャビスパRFコアの違いは?買うならどっち?

シェアする

キャビスパ360

ヤーマンから2019最新の美容家電
「キャビスパ360」が発売されました!

キャビスパの最新機種ですから
気になっちゃいますよね~♪

でも、

「キャビスパRFコアとキャビスパ360
どこが違うの?」

「買うならどっちがいい!?」

と迷ってしまいませんか?

この記事では、

キャビスパRFコアと
キャビスパ360の機能の違い、

口コミや評判などもまとめていますので、

ぜひ参考にしてみてください!!

キャスパ360ってどんな効果が期待できるの?


キャビスパ360商品情報

・サイズ
約W52× D242 × H50(mm)
・重量:約280g
・消費電力:約6.5W
・充電時間:約3時間
・動作時間 : 約2時間
・防水レベル:IPX7
・製造国:日本

キャスパ360の特徴は、

「ほぐして鍛えて流す」

これが同時にできるため、
全身の引き締めやサイズダウン
が期待できます。

それに、スティック型ですから、
手の届きにくい背中や肩甲骨、
脇肉に滑らすように動かすだけ
360℃自分でケアが出来ちゃいます。

キャビスパ360の機能は3つ

  • キャビテーション
  • EMS
  • ドレナージュ

キャビスパRFコアやエクストラのように
ラジオ波はついてません

キャビテーションとは

キャビスパRFコアと
キャビスパ360どちらも、
周波数330kHzを使ったキャビテーション
となります。

脂肪細胞にのみ作用する
キャビテーション(超音波)が、
脂肪細胞膜を破壊して
脂肪細胞を分解するとされています。

そのため痩身エステで人気の施術で、
切らない脂肪吸引とも言われています。

家庭用の場合は
脂肪分解はそこまで期待できない
かもしれませんが、
「自力でどうにもならない脂肪」
で悩むくらいなら使ってみる価値ありかも。

EMSとは

自分で動かなくても、
鍛えたい部位に当てれば
電気刺激によってアプローチします。

ドレナージュとは

エステティシャンの施術のように
お肌を押し流すことで
老廃物などを排出し美容効果を高める
といったものです。

キャビスパRFコアには
ドレナージュはないので、
キャビスパを使ったあとは、
アセチーノウルトラクラッシュ
などを併用し脂肪を押流す
という方が多いようですね。

キャビスパ360は流すとこまでやってくれるので、時短にもなりますし、プラスして他の美容家電を買う必要もないからいいですね!

ちなみに、ドレナージュという機能はボタンで選択できません。

キャビスパ360に
エステで施術されるような
ドレナージュ機能が備わってます。

キャビスパ360とキャビスパRFコア(ex)を比較

キャビスパRFコアとキャビスパ360の機能を比較していきましょう!

キャビスパRFコア(ex)のように顔にも使える

キャビスパRFコアと同じで
フェイスモードがあり、
表情筋も刺激できます。

あとはデコルテ(首)に使用できますよ。

表情筋だけ刺激したいのであれば、
ヤーメンメディリフトがおすすめです。

関連記事はこちら

ヤーマンのメディリフトの効果&口コミを徹底検証してみた!

キャビスパ360はあらゆる部位にフィットするデザイン

ボディケア機器にしては珍しいスティック型で、
丸みがあるデザインが新しいですよね。

キャビスパ360のデザイン

この丸みが女性の背中やもも裏など、
届きにくい体の裏側のケアもしやすく
なっているんだとか。

背中とかワキのハミ肉って気になりません?

後ろから見た時に、
お肉とブラの段差がくっきり!
なんてことありますよね。

冬は隠せるからまだいいんですけど、
夏になって薄着になると、
気になっちゃいますよね~。

キャビスパRFコアは
自分で背中を手入れするのは難しいですが、
スティック型のキャビスパ360なら
手が疲れることなく、
背中とか体の背面の手入れがぬかりなくできますね♪

薄着になる季節に備えて、
使いたい~♪

キャビスパ360は使用時間が長くなった

キャビスパRFコアも360も、
充電時間3時間というのは同じ。

違うのはキャビスパ360は稼働時間が長い
ということ。

・キャビスパRFコア:30分
・キャビスパ360:2時間

キャビスパRFコアは
3時間充電して
30分しか使えないのに対し、
キャビスパ360は2時間も使えますから、
充電しながら使う必要もありませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ヤーマン公式】EMS ボディケア キャビスパシリーズ最新モデル! 独自の3Dカ…
価格:36720円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

キャビスパ360とキャビスパRFコアの機能を比較

●キャビスパRFコアの機能

・キャビテーション
・EMS
・ラジオ波

★使える部位

・体全体
・顔とデコルテ
・バスト(キャビスパRFコアexのみ)

★防水機能:有り(IPX7)

●キャビスパ360の機能

・キャビテーション
・EMS
・ドレナージュ

★使える部位

・体全体
・顔、デコルテ

★防水機能:有り(IPX7)

キャビスパRFコアexには、
バストモードがありますが、
キャビスパ360にはバストモードはなし

また、キャビスパ360はラジオ波もなし

「バストモード欲しい」
という方はキャビスパRFコアEXおすすめです。

手が届きにくい
「背肉脇肉にもアプローチしたい」
という方はキャビスパ360がおすすめです。

キャビスパ360はツイッターでも話題に

キャビスパ360使ってみた人の口コミ

接触面が広いため、お腹や太ももなども使いやすい。
お風呂でも使えるみたいだけど、滑りがあまりよくないのでジェルを使った方が効率よく使えると思う。
二の腕とか背中も自分でしやすいし、充電式だから場所を選ばず使いやすい。
コードがないからスムーズに使える。フェイスはレベル1でもピリピリしますが、専用ジェルを塗ると気にならなくなります。
部分痩せって難しいと思いますが、キャビスパ360は気になる部分に当てて使えるので続けて使っていきたいです。
ついやり過ぎてしまいそうになりますが、10分で自動オフするので安心です。

キャビスパ360を使う時は化粧水やジェルを使う必要がありますが、刺激の強い化粧水、温感効果のある化粧水、マッサージジェルなどは使用できないみたいなので、ご注意くださいね。

口コミ見た感じだと、化粧水はすぐ乾燥するからジェルの方がいいみたいですが、どんなジェルがいいのか迷う方は、ヤーマンから出てるゲル使ってみてはどうでしょうか。

8種類の引き締め成分と、23種類もの保湿・美容成分が配合されていますよ。

キャビスパRFコアと360の価格は?どっちが安い?

公式サイトを見ると、

キャビスパRFコア:34,000円(税抜)
キャビスパRFコアex:45,000円 (税抜)
キャビスパRF360:34,000円(税抜)

キャビスパRFコアとキャビスパ360の
値段は同じですね。

キャビスパRFコアexは、
バストモードがあるし、
EMSが中周波なので
この中では一番高いんでしょう。

関連記事はこちら

キャビスパ「rfコア」と「rfコアex」の違いは2つ!機能や価格を比較

キャビスパ360もキャビスパrfコアも楽天・アマゾン・ヤフーショッピングの大手通販サイトで購入することができます。

↓キャビスパ360↓

↓キャビスパrfコア↓

まとめ

キャビスパ360は
あらゆる部位にフィットしやすい形状ですし、
スティック型だから

背中やワキのお肉、
ぷよぷよの太もも裏など、
背面の手が届きにくい部位の手入れが可能

というのが特徴ですね。

ただ、キャビスパRFコアにはある機能

・ラジオ波
・バストモード(キャビスパRFコアEX限定)

これらがキャビスパ360にはありませんから、
肌の深くまで温めてケアしたい人は、
キャビスパRFコアの方がいいかもしれませんね。

どちらにしてもエステで人気の
EMSやキャビテーションが
家にいながら使えるわけですから、
運動が苦手だけど引き締めたい
という女性の思いを叶えてくれる美容家電ですね!