【金スマ】痩せる長生き味噌汁の作り方・レシピ!実際に作って飲んでみたけど・・・

シェアする

2019年2月15日放送の「金スマ」で

1日1杯、
10日間実践するだけで、

「ダイエットに成功」

医師が考案した痩せる最強の味噌汁
が紹介されました!

金スマで紹介される前、
世界一受けたい授業という番組では、
長生き味噌汁として紹介されていて、
それを見てからずっと作って飲んでいます。

あの「みそ玉」の作り方や、
簡単なレシピ、
実際に飲んでみた感想なども
紹介していきます!

痩せる味噌汁(長生き味噌汁)の作り方

先日、赤みそと白みそが切れたので
スーパーに買いに行ったんですが、
赤みそが売り切れでした(笑)

恐るべし金スマ!

といっても、
長生き味噌汁の本が有名なので、
もうとっくに飲んでるわ!
という方もいるかと思います。

●痩せる味噌汁の材料

・赤みそ 80g
・白みそ 80g
・すりおろし玉ねぎ1個分(150g)
・リンゴ酢 大さじ1

赤みそと白みそと言っても、
メーカーによって味がけっこう違うので、
色々試して好みの味を見つけるといいかと。

赤みそはそうでもないけど、
白みそが甘すぎると感じるものもあったので、
相性ってやっぱりあると思います。

●痩せるみそしるの作り方

  • ボウルに玉ねぎをすりおろす
  • 赤みそ、白みそ、リンゴ酢を加え、泡立て器で混ぜ合わせる
  • 製氷皿に均等に入れ、2~3時間冷凍庫で凍らせる

製氷皿がない場合は、
保存袋にいれて凍らせてもOK。

味噌はカチカチに凍らないので、
使う時はスプーンですくって使えますし、
冷凍庫から出しても柔らかいので、
なかなか溶けないなんてこともないです。

冷凍保存期間は2週間。

製氷皿に10等分すると、
1個が約30gになるそうで、
30g1個で味噌汁1杯分の目安になります。

1日に何杯飲むのかですが、
飲む量は1日1~2杯でいいそうですよ。

出汁を入れて飲んだ方が美味しいとのことで、
にぼしだしを入れて飲んでます。

DHAやEPAも含まれているやつ。

最近やたらとEPAもテレビで見るので、
これいいじゃん!と思って(笑)

痩せる長生き味噌汁は合わせ味噌でもいい?

赤みそと白みそを混ぜればいいなら

「合わせ味噌じゃダメなのか」

と思って調べまくったんですが、
どうやらダメらしいです。

痩せる味噌汁の作り方見ると、
赤みそと白みそは全く同じ分量なんですよ。

でもあわせ味噌は割合がかかれていないので、
ダメなんだそうです。

痩せる長生き味噌汁は美味しくない?

ここまで紹介した
作り方が正しい作り方なのですが・・・
私は色々と変えてます。

ふ~ん・・・くらいに思って、
流し読みしてください(笑)

最初は分量もその通りに作ったのですが、
製氷皿10等分のうち1個で1杯分なので、
家族4人だと2日~3日くらいでなくなっちゃうんですよね。

最初に作って思ったのは、

・測るの面倒
・もっとたくさん作っておきたい
・玉ねぎ臭いから美味しくない

玉ねぎ1個入れると
まずいとまではいきませんが、
ちょっと玉ねぎ臭くて苦手です・・・。

ということで、
タッパーに赤みそ(300g)と白みそ(300g)全部入れて、玉ねぎは4分の1くらいをすりおろして混ぜています。

泡立て器も洗うのが面倒なので、
菜箸で混ぜて、
使う時はこれくらいかな?
とお玉ですくって使ってます(笑)

菜箸でも、
慣れてしまえば5分ほどで混ざります。

ミキサーもあるんですが、洗うのが面倒なので使ってません。

ですので、ミキサーがない場合でも問題なく作れますよ。

少し手間はかかりますけどね(笑)

リンゴ酢が入ってるからか
「さっぱりして美味しい」

酸っぱい味が苦手~
という方もいるみたいですが、
私は普通の味噌汁よりもさっぱりしていて、
夏なんか飲みやすくて良いんじゃないかと思います。

ちょっと味薄いなというときは、
醤油を少しいれると味がしまっていい感じ。

痩せる味噌汁の具材は何でもいいそうなので、
うちでは大体、

・にんじん
・しいたけ
・たまねぎ
・白菜
・わかめ

たまに、なめことかしめじ、
えのきを入れたりと色々変えてます。

残った野菜とか、
安い野菜をたっぷり入れてますね。

痩せる味噌汁を飲むタイミングは、
朝でも夜でもいつでもいいそうなので、
飲めるときに飲んでます。

具なしでも腸内環境を整えるそうなので、
忙しいときはお湯に溶かすだけでOK。

食事の前に飲むと
血糖値が上がりにくくなるそうなので、
食事の1番最初に飲むようにしてます。

こちらの記事もおすすめ

こうじ水の作り方&飲み方は?実際に作って飲んでみた!

痩せる味噌汁(長生き味噌汁)のレシピ

色々とレシピがあるみたいですが、
ダイエットに良さそうなレシピを2つ
紹介しますね。

豆乳みそのお団子スープの作り方

●材料(2人分)

鶏ひき肉:80g
長ネギ :2/5本
しょうが:1かけ
調整豆乳:100ml
みそ  :2個

●作り方

1、長ネギとしょうがをみじん切りに。
2、ひき肉、しょうが、長ネギをボウルに入れて混ぜる
3、水200mlを鍋に入れてひと煮立ちさせる
4、2を8等分にし、形を整えなら鍋に入れる
5、アクを取りながら火を通したら豆乳を加えひと煮立ちさせる
6、火を止めてからみそ玉を溶かし、好みでこしょうを振る

豆乳みそのお団子スープは、
特にダイエット効果が高いそうです。

鶏のミンチは安いですし、
スプーンで混ぜれば手も汚れないので、
わりと簡単に作れましたよ。

いつも普通の調整豆乳を買っているんですが、カロリー45%オフのしかなくてそれで作りました。

カロリーオフの調整豆乳って
味が薄くてまずいんじゃないか
と思ってましたが、
生クリームみたいに甘くてビックリ。

だからスープにすると美味しかったです。

豆乳が苦手な子供も美味しいって飲んでくれました。

さば缶とたけのこの味噌汁

●材料(2人分)

・さばの水煮缶:1/2缶
・たけのこ水煮:80g
・酒:大さじ1
・水:300ml
・みそ玉:2個

●作り方

  • たけのこの水煮を薄く切る
  • 鍋に水と酒を入れて火にかける
  • 沸騰したらたけのこを入れ、1分半茹でる
  • 火をとめてみそ玉を溶かす
  • お椀にさば缶を入れ、味噌を溶かしたたけのこを注ぐ

金スマでさば缶とたけのこの味噌汁は人気でしたね。

さば缶は骨も柔らかくてまるごと食べられるので、普段魚を食べてくれない子供も食べやすくていいですよね。

我が家では、
味噌汁を飲まない時は、
お肉を炒めるときに入れたりしてますよ。

豚バラが安かったので(笑)

みそ玉にみりんとお水を少し加えただけ。

程よくあまい味なので、子供は好きみたいです。

まとめ

私はすりおろす玉ねぎの量を少なくしたりして、飲みやすい感じにしていますが、やはり小林弘幸先生が考案された作り方通りに作った方がいいかと思います。

健康やダイエット効果を気にする方はとくに。

痩せる味噌汁(長生き味噌汁)は冷凍して作り置きしておけば、色々な料理に活用できるのでおすすめです♪