【糖質35%カット】サンコー糖質カット炊飯器「匠」はどこが変わった?前モデルとの違い

シェアする

「糖質なんて気にせず、大好きなご飯食べたい」

という方に人気のサンコー糖質カット炊飯器。


サンコーの糖質カット炊飯器は、
以前は糖質33%カットでしたが、

「糖質35%カット」になった新モデル「匠」が2019年2月22日発売しました。

量はいつもと一緒でも、
低糖質のご飯でゆるやかな糖質制限
が可能になりますね!

匠は糖質カット率が上がった他にも
色々と仕様が変わったようなので、
前モデルと比較してみました。

糖質カット炊飯器「匠」は35%も糖質カット!その仕組みは?

旧モデルは糖質33%カットだったのに対し、
匠は最大35%の糖質がカットでき、
炊飯容量は1~4合(低糖質炊飯1~2合)。

ご飯炊くだけでそんなに糖質カットできる~?

と疑いたくもなりますが、
ちゃんと考えられた仕組みがあるんですよ!

その仕組みはこうです。

  • 内釜にお米、外釜に水を入れて炊飯器にセット
  • お米の糖質が含まれた煮汁が水に溶けだす
  • 糖質を含んだ煮汁を米が吸収しないように、内釜が自動で上がる
  • 蒸し炊きされ、糖質がカットされた美味しいご飯の出来上がり。

早い話、糖分を含んだ水をお米に触れないようにすることで、糖質カットが自動でできるということですね。

あのお米の香りはそのままで、糖質制限したい方にはピッタリです。

内釜はザルになっているので洗米してそのままセットできますし、糖質を含んだ煮汁は外釜に溜まるので、捨てるのも簡単です。

低糖質炊飯は硬さを3段階から選べ、
外釜だけで炊けば普通の炊飯も可能に。

前モデルは低糖質しか炊けなかったので、
普通の炊飯器と使い分けたりして
面倒な部分もあったのですが、

匠は普通のご飯も炊けますし、
予約もワンタッチで設定できますよ。

また、ヒーターが外釜の上下に搭載してあり、保温時には上部ヒーターも使用し庫内の温度を均一にキープすることができるため、美味しさはそのまま。

デメリットを上げるとしたら、
炊き込みご飯と玄米は炊けるのか?ということ。

前モデルは玄米は炊けましたが、炊き込みご飯は炊けないようでした。

匠はどうなんだろうと調べてみたんですが、残念ながら分かりませんでした。

サンコー糖質カット炊飯器「匠」は最大24時間保温が可能に

前モデルは

「2時間で保温が切れる」

「もっと保温時間を長くしてほしい」

という口コミも多かったんですよね。

保温時間が短いと何かと不便です。

糖質カット炊飯器たくみは、
保温は炊飯後に自動的に切り替わり、
最大24時間保温できますよ。

24時間過ぎても、
ワンタッチで再保温可能です!

上下のWヒーターでムラなく保温され、
美味しさキープ♪

夜残ったご飯も、
翌朝まで保温できるので助かりますね!

サンコー糖質カット炊飯器「匠」はタンク不要でコンパクトに!

以前のモデルは、

「思ってたよりデカい!」

「場所取る」

という口コミもけっこう見かけました。

というのも、
従来のモデルはタンク式でしたので、
大きくて手入れも必要だったんですね。

いくら糖質カットできるとは言っても、
場所をとる炊飯器は正直いやです(笑)

新モデルの匠は、
タンクが排除されたので、
コンパクト&軽量化されています。

大きさを比較してみますと、

●旧モデルのサイズ
幅280×奥行き400×高さ330(mm)
重量:6.9kg

●新モデル匠のサイズ
横幅277×奥行344×高さ302(mm)
重量:6.7kg

重さはあまり変わってないですが、
サイズはコンパクトになってますね。

見た目もキューブ型でオシャレですし、
タンク不要で手入れも片付けも楽

洗い物が少ない方が楽なのは間違いない。

内蓋や蒸気口も取り外し可能なので、
いつも清潔に使うことができますね。

サンコー糖質カット炊飯器「匠」の価格は

サンコー糖質カット炊飯器「匠」の価格は、34,800円(税込み)

まとめ

サンコー糖質カット炊飯器「匠」の特徴おさらい

・糖質カットが35%カット
・コンパクト&軽量に
・普通のご飯も炊ける
・最大24時間保温できる
・ワンタッチで予約できる
・タンク排除で手入れが簡単

ダイエットや健康のために

「糖質制限したいけどご飯は食べたい」

という方も、
低糖質にご飯を炊いてくれる匠なら
美味しくご飯を食べられるのではないでしょうか。